慶良間ダイビングおすすめのスポットといえばココ!

慶良間ダイビングのおすすめスポットといえば阿嘉島です。 - 雑誌にも掲載される程美しい阿嘉島のニシ島

雑誌にも掲載される程美しい阿嘉島のニシ島

慶良間諸島の中の1つである阿嘉島の西側に位置するニシ浜は、慶良間でのダイビングのポイントとしては白い砂浜と透明度の高い海水のコントラストが美しいところです。
雑誌等の撮影にも良く使用される程の美しさを誇るニシ島は、生息している生物達も豊富な事で知られています。

阿嘉島のニシ島

ニシ島は、沖縄の離島を含めた海の中でも最も美しく、透明度が高い事で知られています。
こうした評価を受けているのは、生息する魚達の種類ばかりでなく、珊瑚もとても美しいからなのだそうです。
ダイビングをする際の難易度もそれほど高いわけではないので、多くのダイバーが年間を通して潜りに来ると言われています。
ニシ島の浅いエリアでは、体長40センチ程のコブシメが集まってくる事もあり、ダイバーが近寄ってもあまり逃げないので、思っているよりもじっくりと観察する事が出来ます。
また、コブシメはダイバーが近づくと体の色を変化させるので、見ているだけでもとても興味深いものがある事でしょう。
全体的に砂地が広がり、岩の根がいくつもあるニシ島は、エビやハナダイを始めケラマハナダイのような珍魚も見る事が出来るそうです。
hrsera
ニシ島の根の中でも、有名なポイントは、アザハタの根です。
真っ白な砂地に1つだけあるそのポイントには、真っ赤なアザハタがペアで休んでいたり住み着いていたりして、真っ赤なカラーがとても美しく見えます。
しかし、海中では赤い色は海の色に吸収されて青く見えてしまうのですが、写真を撮るととても美しい写真が撮れる不思議な現象を起こすのです。
写真を撮らなくても、水中ライトを照らせば赤い色を楽しむ事が出来るので、このエリアに潜る際には、是非携帯する事がお勧めです。
慶良間でダイビングと言えば、様々な小魚達の舞い踊る様子や、どこまでも広く広がる珊瑚や白い砂地のようなイメージがあると思います。
慶良間でダイビングをするなら、確かにこうした魅力溢れるエリアで潜る事も良いのですが、阿嘉島のサクバルも素晴らしいダイビングポイントの1つです。
サクバルは、阿嘉島の南端に位置するポイントで、佐久原の鼻、砂白鳥等と呼ばれる事もあるダイビングポイントです。

サクバル

grshrs
サクバルは、岩礁の為、海水の透明度が高く珊瑚が見事な事で有名なダイビングポイントです。
季節を問わず、多くのダイバーが訪れ、珊瑚に付着しているイソギンチャク等を楽しんでいるそうです。
サクバルの地形は変化に富んでおり、豪快なドロップオフや様々なカラーの珊瑚が1度に楽しめると言われています。
比較的水深の浅いポイントで一面の珊瑚が出迎えてくれ、突然一気に断崖絶壁が現れるので、地形派のダイバーにとってはこれ以上ない絶好のポイントとなる事でしょう。
珊瑚に付着しているイソギンチャクの中にはまるでレースを纏ったような種類の物もあり、非常に美しい光景を見る事が出来ます。
その周辺には、赤いキンギョハナダイの群れや紫のハナゴイの群れ、黄色と白のカスミチョウチョウウオの群れ等が入り時混じるように泳いでおり、カラフルかつトロピカルな雰囲気を味わう事が出来るでしょう。
海中の楽園のようなイメージを抱かせるものがあります。

サクバルのまとめ

サクバルは地形派のダイバーにはたまらないダイビングポイントなのですが、大変流れが速いので、潜る際には注意が必要となります。
ですが、目に入る海中の風景は、何ものにも代えがたい程の美しさを誇っており、多くのダイバーが訪れるポイントです。